成長期の毛に反応する

脱毛器

毛周期を考えて施術を行う

脱毛サロンは全国に多く存在しますが、施術の主流は光脱毛です。IPL脱毛やSSC脱毛など様々な施術がありますが、特殊な光を使って施術を行うということでは共通しています。脱毛サロンで利用されている光はメラニン色素に反応し、毛の再生を抑えていきます。それゆえ、毛の生えている成長期にだけに作用しますので、休止期や退行期では良い効果を期待できません。それゆえ、良い効果を期待するには毛周期を考えて施術を行う必要があります。脱毛サロンでは、毛は抜きとる必要はなく、毛根に光を照射します。それゆえ、脱毛する部位はあらかじめシェービングを行う必要があります。基本的に自宅で行いますが、手が届きにくい背中などはサロンで対応してもらうこともできます。黒い部分に反応する施術ですので、シミやホクロ、タトゥーなどのある場所は避ける、もしくはテープなどで保護してから照射することが一般的です。黒く太い毛に反応しやすい傾向にあり、逆に産毛や白くなった毛には反応しにくいという特徴もあります。脱毛サロンの光脱毛は照射の範囲が広く、広い範囲も短時間で照射できるのもメリットです。以前の全身脱毛は2回や4回に分けて行われていましたが、現在はより技術も進化したこともあり、全身脱毛も一度の来店で行えるサロンが増えています。一度の施術ではまだ効果が十分ではなく、何度も繰り返すことになります。個人差はあるものの6回ぐらいでかなり毛は目立たなくなるとされています。最近は毛根ではなく、毛包に作用するSHR脱毛を提供する脱毛サロンも増えてきました。こちらはより痛みも少なく、毛周期をあまり意識せずに施術が行えることで注目されています。産毛や日焼け肌にも対応しやすいのも特徴的です。